マンション経営で考慮すべき点

マンションの経営とリフォーム

マンション経営のコツとは

最近は、不動産投資が注目を集めています。自己資金の投入が少なくて済み、資産効率が大変良い点と、最初の段取りをきちんとすれば、あまり手をかけることなく安定して収入を確保することができる点で、人気が高まってきています。特にワンルームマンションの経営だと、比較的小規模の資金から開始することができるため、サラリーマンなどが本業の傍ら副業として実施するケースが多くなってきています。マンション経営をする際に考慮するべきことは、投資対象の物件の選定です。物件自体の価値もさることながら、周辺環境のことを考慮するなど、総合的な判断が必要になります。築年数が経過しているマンションでも、前所有者がすでにリフォーム済の場合、入居者に対してのアピールポイントとすることができることもあります。そのため物件購入の前に、リフォームがされているかどうかをチェックするべきです。もしリフォームされていない場合、自己資金で処理しないといけなくなるケースも出てくるため、経営を考えるうえで重要なポイントの一つとされています。また、経営をスムーズに行うためには、物件の選定に加えて、物件の管理不動産業者及び担当者の方の質も考慮するべきです。

バックナンバー

↑PAGE TOP